バンドのは素材てお手入れ方法が変わる

金属製バンドのお手入れ方法

腕時計を長持ちさせるには、バンドのお手入れをきちんと行うのがカギとなります。しかし、バンドには金属製や革製など色々なタイプがあるため、それぞれに合わせた方法でお手入れしなければいけません。
金属製のバンドは、水や汗をそのままにしておくと錆びやすくなるため、外したら乾いた布で拭き取ります。隙間の汚れは定期的に歯ブラシなどを使って取り除きましょう。傷がつく場合があるので、まずは目立たないところで試すのが賢明です。バンド部分を水洗いする時は、時計本体に水がかからないようにラップやビニールで包み、洗い終わったらしっかりと水分を取り去りましょう。金属製のバンドは錆が一番劣化の原因となるため、水分が大敵となります。

革製とポリウレタン製のバンドのお手入れ方法

革製のバンドも、金属製のバンドと同様に湿気は禁物です。汗をかいたら吸湿性の高い布で拭き、湿気を残さないようにします。強くこすると色落ちやツヤが無くなる原因となるため、優しく拭くことが大切です。湿気だけでなく、高温もバンドの劣化に繋がるため、直射日光の当たる場所に長時間放置するのは厳禁です。
ポリウレタンのバンドも、水がついたり汗をかいたら乾いた布でふき取りのが基本です。半透明や淡い色のものは、色落ちするものの近くに置いておくと色移りする可能性があるので、保管場所にも注意しましょう。使用しなくても時間と共に劣化する性質があるため、弾力性がなくなったら新しいバンドと取り換えます。
このように、バンドの種類に合わせてお手入れし、時計を長持ちさせましょう。

© Copyright Real Gentleman. All Rights Reserved.